会社員が毎日思うこと

main_top_over_navi
main_top

新着コンテンツ

太りにくいラーメンの食べ方

たとえば、朝、昼、晩、お酒の後のシメと、どのタイミングでラーメンを食べると一番太りやすく、逆に太りにくいのでしょう。 この問いに、専門家は、大事なポイントは、摂取カロリーと消費カロリーのバランス、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太り、消費カロリーが摂取カロリーを上回ると痩せる。 それを踏まえて考えると、朝、昼、晩のタイミングに関しては、それだけが原因で急に太ってしまうほどの大きな差は起きないと ...

光脱毛は初心者にももちろんやさしい

医療レーザーや電気針を使うニードルなど、脱毛にはいろんな方法がありますね。 いろいろある脱毛方法の中でも、初心者にもやさしいのはやはり光脱毛です。 なぜ、光脱毛が初心者にもやさしいのかというと、それは肌やムダ毛への刺激の少なさが原因になります。 刺激が少ないということは、肌や毛穴にやさしく脱毛することができるということですよね。 デメリットとしては、刺激が少ない分、脱毛完了までに少し時間がかかると ...

いい夢を見る方法

いい夢を見る方法があるようです。 まずは、心を落ち着かせる音を聴きながら眠る。 ハーバード大学の精神医学助教授によると、眠っている間に聴く音は脳に届き、夢の内容に影響を与えるそうです。 それから、夕食のメニューや食べる時間に気を付ける。 夕食に辛いものや消化の悪いものを食べたり、寝るすぐ前に夜食を食べたりして、就寝中に体内で未消化の食べ物が消化器官になんらかのトラブルを起こすと、悪夢を見る可能性も ...

ほうれい線ができやすい人

ほうれい線ができやすい人の特徴があるそうです。 たとえば、頬の肉。 ほうれい線は頬の筋肉が弱ってたるんでくることが一番の原因、頬や口のまわりの筋肉が衰え、脂肪を支えきれないときにほうれい線ができてしまうのだそうです。 なので、頬の肉がぷにぷにと柔らかい人は、筋肉が少なくほうれい線ができやすくなってしまうのだといいます。 それから、顔の形。 丸顔やたまご型の顔の人や、下膨れタイプの人は、ほうれい線を ...

餃子を美味しく作る法則

餃子を美味しく作る黄金の法則たるものがあるようです。 最初は餃子の肝である、あん作りで、ジューシーなあん作りのために、塩を入れるのだそうです。 肉に塩を入れてよく練ると、たんぱく質のひとつであるアクトミオシンが溶け出し、それぞれくっついて網目構造を作り、その中に、肉や野菜から出る水分が閉じ込められることによって、ジューシーさが保たれるのだといいます。 また、あんを作るときに、ほどよく脂があってジュ ...

新型うつ病

20代に流行る新型うつ病の真の怖さについて、解説していました。 新型うつ病の特徴には、自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる、うつで休職することにあまり抵抗がなく、休職中の手当など社内制度をよくチェックしていて、上手に利用する傾向がある、身体的疲労感や不調感を伴うことが多い、自責感に乏しく、他罰的で会社や上司のせいにしがち、どちらかというと真面目で負けず嫌いな性格、ということがありました。 症状 ...

お腹ポッコリの原因は野菜かも?

便秘とは関係なく起こるお腹の膨満感、腸にガスが溜まってしまい、スムーズに排出できずにおこる現象で、美肌や腸内環境のため、と食べている食べ物が原因のこともあるのだそうです。 何かを食べると、必ず胃や腸などの消化管でガスが発生し、発生したガスは、呼気やゲップ、オナラとして排出されるのですが、排出が滞ってしまうとガスが腸内に留まりお腹のハリの原因となるということです。 腸内でガスを発生させてしまう食べ物 ...
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 会社員が毎日思うこと All Rights Reserved.